スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GIOの基礎理論 - 1. はじめの問い

数回に分けて、私の考えの基礎部分を書いていきます。
日常的な感覚からは逸脱したものになっていることを了解のうえで読んでください。

では【続き】で。

有名な話ではあるが、こういうものがある。
一度すべてのものを疑い、絶対に正しいもの(絶対的真理)を探そうという話だ。
これはデカルトという人が提唱したもので、方法的懐疑と呼ばれている。

すべてのものを疑うとはどういう事かというと、これはそのままの意味でしかない。
例えば「今朝食べたものには本当に遺伝子組み換え食品が入っていなかったのか」や、「そもそも朝食は食べたのか」、「朝食は誰が作ったのか」、「その人は本当に存在するのだろうか」など、考えつく限りのすべてだ。
それらの問いの中で、少しでも疑いようのあるものは絶対的真理でないとされ、ふるい落とされていく。

これを突き詰めていくと、結局はある問いに収束することになる。
つまり「自分は存在しているのか」という問いだ。
これに答えなければ、他のなにものについても語ることはできない。

そして、これに対する最も有名な答えは、方法的懐疑を提唱したデカルト自身が出している。
曰く"cogito ergo sum"、「我思う、故に我あり」だ。

しかし、これ(以後コギトと呼ぶ)は論理的に間違っている。
コギトの「我思う」という部分には、前提として「我が存在している」というものが含まれているからだ。
つまり、前提として仮定したものを結論で繰り返しただけなのだから、これでは問いの答えとして認められない。

このことから今回は、「自分は存在しているのかいないのか、確かなことは言えない」と結論しておく。
スポンサーサイト

comment

Secret

気になった言葉・気に入った言葉

プロフィール
GIO

管理人:GIO
内省的に生きることが目標。
ジョジョのことだったらなんでも。
詳しくはプロフィール参照。

-趣味-
PC・ネット
読書(漫画含む)
音楽鑑賞
画像収集&整理
アニメ鑑賞

-二言三言-
生きていますが死んでいるようなものです。多少なりともネタはあるのでいつか更新します。

累計訪問者数
カテゴリ
ついーと
月別アーカイブ
ブログ内検索
ツール紹介系相互リンク
その他リンク
最新コメント
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

情報提供、相互リンクのお誘い、このブログについての意見など、気軽にメールしてください。
加えて、お薦めの漫画・アニメ・小説・音楽などの情報も収集中です。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。