スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011冬アニメ 初期感想

楽しいね!2011冬アニメ!
GIOはもう大満足だよ!
1話見るごとに次が楽しみで楽しみでしょうがない!
この気持ちをどうにかしないと気が済まないってくらいだよ!

というわけで感想を書きます。
初期感想と銘打つにはすでに遅い気もしますが、見ているアニメは2クールものだけらしい(らしい)ので初期ということにしておきます。

では【続き】へ。

まずはおさらい。
GIOが今見ているアニメは、
・Persona4
・境界線上のホライゾン
・Fate/Zero
の3つです。
前に記事で書いた「見る予定のもの」そのまんまですね。

では、以下から各作品についての感想を書いていきます。


・Persona4
前々から期待していたもの。
原作をやろうかなぁと思ってはいましたがやらずにアニメになってしまいました。
アニメを見るより原作をやる方が面白いタイプのものだと思っているので少し残念ではあります。
しかし、原作はやらずに終わる気がしてならないので、むしろアニメでやってくれてよかったのかも知れません。
以上、GIOの個人的な事情でした。

アニメ自体にはですね、まだあまり書くことはありません。
見たところ準備期間が終わってないみたいなので。
イシツブテのように我慢です。

現時点でも言えることといえば、OPについてですかね。
OPはかなり格好いいですね。特に各キャラのペルソナがシャドウとアクションシーンを演じているところ。
アクションが動くっていうのはまぁそうなんですが、ペルソナ4のすごいところというのは、色のセンスですよね。
アクションシーンからの話の流れで言うのもなんですがw しかしOPのアクションシーンでそう感じてしまったのだからしょうがないものとしてあきらめてください。
背景黄色でその他はほぼ色彩無しのモノクロって。すごい。

とりあえずそんなことを感じながら見ています。
話が動くのはいつかな~。


・境界線上のホライゾン
川上稔の『終わりのクロニクル』はいつか読もうと思っていました。
しかしアニメ化が先に、しかも存在さえきちんと認識していなかった『境界線上のホライゾン』が先に来てしまいました。
こんな背景から、GIOとしてはいちおう見ておくという感覚しかありませんでした。

で、実際に見てみたわけです。
第一印象は「おわっ、こんなキャラデザだったのか、フツーにラノベじゃん!」で、次に思ったのが「このアニメはそこそこで切り上げて、『終わりのクロニクル』もどうするか分からないな・・・」でした。

それなのにそれなのに、どうしてどうして面白い。
世界設定やら世界情勢やらは今でもあまり理解していないと思うのですが、なにかしらどこかしら魅せられるものがあります。

まず主人公の開き直りっぷりがいい。ラノベによくあるようなうざったい主人公ではない。
正純が好みだ。男だか女だか分からない造形(プラス設定もそう?)で頭脳・懊悩担当なうえに声優は沢城みゆきというGIO好みのキャラだ。
トーリの姉もなんだか好きだ。あの表情と声での「愚弟」って台詞が中毒症状を起こしかけている気がしてならない。
全部は書ききれないけど、キャラが多くてしかもそれぞれしっかりと立っているのがいい。
「死にたくなければ考えろ」ってのもいい。人間なら考えるべきだ。
死んでいくキャラが格好いいってのもいい。受け継ぐキャラの成長が楽しみだ。「ござる」には拒否反応があるけど。
その話についてもう一つ。本筋ではない、言うなれば脇の話が面白い作品はたいてい作品全体が面白い。
総じて雰囲気、あとは勢いがいい、といったところです。

アニメだけを見て理解しきれる自信は無いので、理解しきれなければ原作を読むようにします。
理解できたと思ってもきっと原作を読みますけどね。

それと、こんなサイトこのページを読ませていただいたのですが、川上稔の作品には、型月作品と共通するところが数箇所あるみたいですね。
シリーズ間で世界設定が同じ、詳細なところまで世界観を作り込んでいる、それらの理由から取っつきづらい、熱狂的なファンが存在する、等々。
もしかするとすごく好きになれるのではないかという予感があります。
どうだろう、川上稔作品。

そんな感じで、意外という面も含めて大いに楽しませてもらっています。
今後にも大期待。


・Fate/Zero
原作の『Fate/Zero』や、ufotableがアニメーション制作を担当した『劇場版 空の境界』などの関係で、GIOのアニメ版『Fate/Zero』に対する期待値はかなり高かったと思うのですが、それでも充分に楽しませてくれています。

個人的には、毎話最後につけられているカウントダウンの演出が懐かしくて懐かしくて。
「あー、ゼロだなぁ」と、原作を読んでいた頃のドキドキやらワクワクやらが思い出されます。
あれを読んだのは何年前だったかな。2年か3年くらい前の冬だった気がします。
アニメ化は、願っていた劇場版ではなかったけど、それ並みになってくれたのは本当に嬉しい限りです。

なんといっても切嗣ですよ。
5話での切嗣vsランサー陣営。
原作を読んでいて最も印象に残っている場面の一つ。Fate世界に対しての、切嗣のぶっ飛び具合が気持ちいいです。
切嗣のランサー陣営に対する諸々の手管は大好きです。
正直、読んでいた当初は衝撃を受けっぱなしでした。
切嗣!大好きだ!

余談ですが、アニメ版の『Fate/Zero』がすごいと思う理由はここにあります。
GIOはこの場面について、ほとんどすべて覚えていて、しかも好きな場面ということで期待値がものすごく高いのです。
そういう背景があるのですが、それでもなおこのアニメは面白いと感じさせるのです。
そこがすごいところだと思います。

以上、そんなところで話を戻します。

同じく5話。
気になったのがソラウ。
なんか、絵的に違う気がする。
こう言うのはなんだけど、手抜きのような気が。
もうちょっとなんとかなんないのかな。

で、またもや5話の話。
『STAR DRIVER』のヘッドで気にはなっていたけど、今回こう思い直しました。
欲望に正直な悪役を石田彰が演じているのが好きだ。ヘッドも龍ちゃんも好きだ、と。
でもどっちの方が好きかっていうとやっぱりヘッドです。ヘッド最高。
「何が綺羅星だ、ばかばかしい!」って、あそこまで場を盛り上げられる悪役はそうそういないですよ。
龍ちゃんもかなり良いんですけど、それでもやはり中ボスですからね。ヘッドには負けます。

5話についても、1~4話についても、書きたいことは山ほどあるのですが、今はこれで良しとしておきます。
これは『Fate/Zero』だけについての記事ではないので。
切嗣に対してもまだ書きたい・・・。けど、やはり後にとっておきます。
アニメでは切嗣がどれほど正義を渇望しているかって分からないですからね。地の文がないですから。
そこを含めてアニメを見られれば、切嗣への、ひいては作品全体への印象がだいぶ変わると思います。
とにかく、切嗣については『Fate/Zero』のアニメが終わるときまでとっておくことにします。

次の話はたしかアインツベルン城攻防戦ですね。アインツベルンの森攻防戦だったかもしれませんが。
騎士と騎士の通じ合いや、女と女の友情的なあれや、動向が不気味な綺礼や、ネジの抜けちゃってるキャスターの攻勢や、なんやかや色々ありますね。
楽しみです。



はい、以上です。
楽しみなアニメが3つもあって嬉しいです。
はやく次が来ないかな~。

ではまた。
スポンサーサイト

comment

Secret

気になった言葉・気に入った言葉

プロフィール
GIO

管理人:GIO
内省的に生きることが目標。
ジョジョのことだったらなんでも。
詳しくはプロフィール参照。

-趣味-
PC・ネット
読書(漫画含む)
音楽鑑賞
画像収集&整理
アニメ鑑賞

-二言三言-
生きていますが死んでいるようなものです。多少なりともネタはあるのでいつか更新します。

累計訪問者数
カテゴリ
ついーと
月別アーカイブ
ブログ内検索
ツール紹介系相互リンク
その他リンク
最新コメント
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

情報提供、相互リンクのお誘い、このブログについての意見など、気軽にメールしてください。
加えて、お薦めの漫画・アニメ・小説・音楽などの情報も収集中です。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。