スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

/^o^\フッジサーン を一周してきた

友人からロードバイクを買ったのでやってきました。
ごくごくスローなペースでしたので、それなりにへとへとにはなれども、死ぬほどきついとも思わずに終えることができました。
来月あたりにもう一回行ってこようかなとも思っています。

以降は【続き】でぐだぐだ書きます。

まず出発点、JR御殿場駅。
フッジサーン-01re
もうちょっと何かあると思いきや意外と無いような、そんな駅でした。
しかし、駅前の(というと少し語弊があるかもしれない距離にある)自動販売機にゲータレードがあったのが少し嬉しかったです。
好きだったのに全く見かけることもなくて、そろそろ忘れかけていた頃にこの偶然。
まぁ、ボトルの口が広いやつではありませんでしたけどね。
あれはお金がかかるからやめたのだろうか・・・。

で、ここからまずは山中湖を目指すわけですが、ひたすら登りなんですよねこれが。
しかも東富士五湖道路の入り口までずーっと渋滞状態だったので、整備状態の悪い歩道を走らなければならず、余計に大変な思いをしました。
まぁ、空いていたら空いていたで、車道を走るかどうかは別の話ですけどね。あそこ、そんなに道幅が広くい割に車やバイクを飛ばす人が多そうですから。

二時間ほどのろのろ自転車を走らせると山中湖に着きます。
というか歩いても二時間ほどで着くと思います。「のろのろ」というのはそのくらいのペースです。
ただ、篭坂峠というところを超えると途端に急な下り坂になり、そこは歩きと自転車では天と地との差くらい違うと思います。
自分の場合、この下り坂で何もこがずとも50km/hという速度が出ましたよ。恐るべし、ロードバイク。

これが山中湖。
フッジサーン-02re
フッジサーン-03re
山中湖ってそのまんまのネーミングですよね。
山の中の湖で山中湖ですもんね。
もうちょっとなにか考えなかったのか。
まぁとにかくさわおさんには今後も頑張ってもらいたいということで。

次は河口湖を目指して出発しました。
と、その前に昼飯の話。
せっかく山梨県に入ったのだからということで、ほうとうを食べましたよ、ほうとうを。
フッジサーン-04re
すこし肌寒かったせいもあって、ほうとうの暖かさが身にしみておいしかったです。

で、河口湖を目指していたのですが、途中で迷いました。
これが間抜けな話でして、山中湖から河口湖へ行くには国道138号線を道なりに直進した後に適当なところで右折すればいいだけなのですが、自分は地図もまともに覚えていなかったので、「ここら辺を右折すればいいかなー」なんて思って右折したのは富士急ハイランドの手前で、そこから下吉田駅というところまで見当違いなところを下ってしまったのです。
富士急ハイランドは上が北の地図で見ると河口湖の右下に位置していて、つまり河口湖から見て南東に位置しているのですね。
山中湖から行く自分としては北西に向かうと河口湖があるのだから、富士急ハイランドの手前で右に曲がるというのは、まぁ理屈から言っても実際にやってみても結論は同じく曲がるのが早いといったところです。
そんなわけで、河口湖に着いたのは山中湖を出発してから一時間以上も後になりました。
地図は見るべきですね。

ちなみにこれは迷っている途中で見つけた鳥居。
フッジサーン-05re
鳥居があるのに普通に道路として使われている珍しい道です。
金鳥居という交差点の名前が示すとおり、鳥居が金属でできていました。
たぶん銅です。

そしてこれが河口湖です。
フッジサーン-06re
ソフトクリームを買って食べましたが、味が分からずあまりおいしくありませんでした。
自転車に乗った後はなぜか味覚が鈍くなるのですが、これは誰でもそうなのでしょうかね。

河口湖を出発し、国道139号線を走り、消防署(なんとか消防署出張所と書いてあった)を目印に県道71号線に入ります。
県道71号線は山道ですね。完全に。
山中湖からこっちは下りでしたが、ここからはまた登りです。

これは途中で見つけたキャベツ畑。
フッジサーン-07re
真ん中のは何・・・古墳?

それと、一番高いところには展望台がありました。
フッジサーン-08re
特にどうということもない眺めです。遠くに湖が見えましたが、あれは精進湖ってやつですかね?

そしてここからはひたすら下りです。
下りは楽しいですね。登ってきたご褒美として用意されているような感覚です。
で、これが西から撮った富士山です。
フッジサーン-09re
あいにくの天気ではっきりとは見えませんでした。残念。
それと、写真はありませんが、ここら辺は牛とか羊とかを見ることができます。
余裕があれば眺めていきたかったですね。

光の入り方が神々しかったので撮りました。
フッジサーン-10re

で、あとはこの道をひたすら行くだけです。
フッジサーン-11re
富士山の南側から西側まで抜ける道なので、これがまた長い長い。
何も考えずに走りました。
ちなみにこの道も登りが主体になっています。体力が切れなくて本当によかった。

といった感じで富士山一周は終わりです。
意外と事も無く達成できたので、今後は暇なときに走るコースにしようかどうかといったところです。
とにかくまた行くことだけは確かですね。

以上です。
では。
スポンサーサイト

comment

Secret

気になった言葉・気に入った言葉

プロフィール
GIO

管理人:GIO
内省的に生きることが目標。
ジョジョのことだったらなんでも。
詳しくはプロフィール参照。

-趣味-
PC・ネット
読書(漫画含む)
音楽鑑賞
画像収集&整理
アニメ鑑賞

-二言三言-
生きていますが死んでいるようなものです。多少なりともネタはあるのでいつか更新します。

累計訪問者数
カテゴリ
ついーと
月別アーカイブ
ブログ内検索
ツール紹介系相互リンク
その他リンク
最新コメント
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

情報提供、相互リンクのお誘い、このブログについての意見など、気軽にメールしてください。
加えて、お薦めの漫画・アニメ・小説・音楽などの情報も収集中です。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。