スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

誰かの言葉を聞くときの心得

先生や上司、先輩など、誰かからなにか言われることはよくあります。
そんなとき、どういったことを心に留めて言葉を聞けばいいのか、について「言葉の意味」と「発言の意図」を軸にして書きます。

では【続き】へ。

まず結論を。
・言葉の意味と発言の意図は別物である
・言葉は必ずしも論理的ではなく、解釈次第でどうとも捉えられる
・発言は必ず論理的になされる
・誰かの言葉を聞くときは、それがどのような論理の元で真となるのかを考える
結論は以上です。
簡単に言ってしまえば、相手の気持ちになって考える、それだけです。

以下より説明。
例として、有名なあの言葉「天才とは99%の努力と1%のひらめきである」を引き合いに出しましょう。


では初めに2点目の、「言葉は必ずしも論理的ではなく、解釈次第でどうとも捉えられる」の説明です。
「解釈次第でどうとも捉えられる」ということに関しては、もう言わずもがなですね。この言葉は、主なものでも次の二つの意味に捉えられています。

ひとつめ、天才といえどもなした事柄の99%は努力によるものだ、だから天才でない人でも努力すれば99%までは天才に近づける、という捉え方。
ふたつめ、天才とはなした事柄の1%以上がひらめきによる人のことで、天才でない人はどれだけ努力しても1%のひらめきが得られないためその努力は無駄である、という捉え方。

このように、いかなる言葉であっても、どういった意味を持つのかは解釈によるのです。
そしてもうひとつ、「必ずしも論理的ではない」ことを説明します。
言葉の解釈のみっつめにこれを追加します。

みっつめ、「天才」とは人に対してつけられる言葉であり、「努力」と「ひらめき」は人に対してつけられない言葉である(「あのひとは天才だ」と言うことはできるが、「あのひとは努力だ」とは言えない)。よって、「天才」と「努力」「ひらめき」は「とは」という等号で結ぶことはできず、この言葉は論理的に間違っている、という捉え方

無理矢理ですが、こんな解釈も可能です。

といったわけで、「言葉は必ずしも論理的ではなく、解釈次第でどうとも捉えられる」のです。


次は3点目、「発言は必ず論理的になされる」の説明です。
これは例を引き合いに出すまでもないですよね。
発言は、どのような言葉を用いるにしろ、そしてその言葉がどのような意味を持つにしろ、発言者に何らかの意図があるからこそなされます。
そして、意図とは、発言者の認識によって論理的に構成されたものです。
例えば「ホットコーヒーを飲みたい」だったら(寒くてとてもやっていられない、コーヒーでも飲んで温まろう)だったり、「押すなよ、絶対に押すなよ!」だったら(笑いとれるかな~)だったり、「愛してる」だったら(エッチしよう)だったり。
もちろん嘘にだって意図はありますし、極端な例を出すと「私は嘘吐きである」という、クレタ人のパラドクス(だっけ?)にも、発言者によって代わりはしますが論理的な意図があります。

といったわけで、「発言は必ず論理的になされる」のです。


これまでの説明で1点目の「言葉の意味と発言の意図は別物である」ということは理解してくれたと思います。
ということで最後の4点目、「誰かの言葉を聞くときは、それがどのような論理の元で真となるのかを考える」の説明をします。
2点目で言葉は解釈によっては論理的でなくなると説明し、3点目で発言は必ず論理的であると説明しました。
これらのことから、「誰かの言葉」を下のように場合わけできます。

①「ホットコーヒーを飲みたい」のような、言葉の意味と発言の意図がほぼ直結している場合
②「愛してる」のような、言葉の意味と発言の意図が一致しない場合
③「天才とは99%の努力と1%のひらめきである」のような、言葉の意味と発言の意図の少なくとも片方が不明な場合

「誰かの言葉」が①~③のどれなのかにより、それを聞いた人は対応を変えなければなりません。
今の発言はどれだったのかを正しく判断できなければ、その誰かとの会話はうまくいかず、言葉の意味も、発言の意図も、正しく捉えられません。
判断を正しく行うため、その言葉がどのような論理の元で真となるのかを考える必要があるのです。

ちなみに、「ホットコーヒーを飲みたい」という言葉自体は、①以外に②にも③にもなりえます(ほとんどは①だと思いますが)。
ということで、「ホットコーヒーを飲みたい」がいったい①~③のどれなのか、実演してみます。状況設定は勝手にやらせてもらいますが。
 まず「ホットコーヒーを飲みたい」という発言を聞きます。
 次に「ホットコーヒーを飲みたい」という言葉がどのような論理の元で真となるかを考えます。
 おそらく喉が渇いたとき、寒いと感じているとき、のどちらかでしょう。 → (i)
 そして今は冬、しかも如月(きさらぎ)、着て更に着る月です。 → (ii)
 言葉が真となる論理(i)と現実の状況(ii)が一致するので、発言者は実際にホットコーヒーで温まりたいと思っていると考えられます。
 つまりこの場合は①でしょう。
といった感じです。
一つ一つの発言をこんな風に解釈していけば、他人の心理を理解しやすくなりますし、騙されにくくもなりますし、言葉の意味を推測することも容易になるでしょう。

といったわけで、「誰かの言葉を聞くときは、それがどのような論理の元で真となるのかを考える」ことが大事なのです。


以上です。
普通の言葉も嘘も含蓄のある謎めいた言葉も、相手の気持ちになって考えてみましょう。

では。
スポンサーサイト

comment

Secret

気になった言葉・気に入った言葉

プロフィール
GIO

管理人:GIO
内省的に生きることが目標。
ジョジョのことだったらなんでも。
詳しくはプロフィール参照。

-趣味-
PC・ネット
読書(漫画含む)
音楽鑑賞
画像収集&整理
アニメ鑑賞

-二言三言-
生きていますが死んでいるようなものです。多少なりともネタはあるのでいつか更新します。

累計訪問者数
カテゴリ
ついーと
月別アーカイブ
ブログ内検索
ツール紹介系相互リンク
その他リンク
最新コメント
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

情報提供、相互リンクのお誘い、このブログについての意見など、気軽にメールしてください。
加えて、お薦めの漫画・アニメ・小説・音楽などの情報も収集中です。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。