スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『魔法少女まどか★マギカ』 なんとなくの推測記事

現行のアニメでせっかく面白いものがあるのだから楽しんでみようと思います。
そういうわけで物語の今後を推測してみた次第です。

では【続き】で。

まず、『魔法少女まどか★マギカ』は、「主人公が最後まで魔法少女にならないアニメ」だと思います。
というか「それだったら面白い」と思って、そうなりそうな根拠を探してきただけですが。

で、その根拠というやつは、まず第01話、物語のラストシーンみたいなアバン。
いきなりエンディングが流れていてびっくりしたシーンでした。
魔法少女まどか★マギカ
ここでほむらがまどかに向かって何かを叫んでいます。
で、ラストシーンに至ってまで、まどかは未だ契約していない、と。
ということは、ほむらは「魔法少女になるな」的なことをまどかに叫んでいたのではないでしょうか。

しかしエンディングを見るに、ほむらの願いは叶えられそうにないですね。
魔法少女まどか★マギカ
このシーン、ほむらがまどかを制止するように手を伸ばしていますが、まどかは気にせずにどんどん進んでいってしまいます。

そしてエンディングの最後。
魔法少女まどか★マギカ
おそらく、今までマミさんやキュウベエが言っていた『まどかの素質』によって、まどかは(ほむらが危惧していた)何かを引き起こす、もしくは生み出すかしてしまう、というような暗喩なのではないでしょうか。
『Fate/Zero』の時の言峰・ザ・麻婆・神父の令呪みたいな感じで。



といった感じで推測は終わりです。
今GIOは、こんなことを考えてしまうほどに『魔法少女まどか★マギカ』にはまっているということでしょうね。
しかし楽しいのだからしょうがない。

あ、あとさ、どこを見ても結界内の表現と音楽の話題が出ていないのはどういうことなの。新房シャフトと梶浦由記、kalafinaの話。
『魔法少女まどか★マギカ』がここまで面白いのは、どう考えたってそこらへんの功績もありますよね。
脚本は脚本で、猫かぶりからの首チョンパ実行と話題になることをやって盛り上げてくれてるけど、それとは別に、このアニメは映像/演出と音楽だけで評価されてもいいと思うんですよ。
ここまでぶっ飛んだ、それでいて高品質な異世界を作り上げてるアニメは他のどこにもありませんよ。しかもTVシリーズで、ですよ?
何が言いたいかというと、各話後半の、結界が出てくる辺りからはいつもハイレベルだと思うから、「誰が死ぬ」「どう死ぬ」とかそんなんじゃなくて、そこら辺を評価しようよ、話そうよ、と。



まぁ、ここまで読んだ人には言うまでもないことではありますが、現在のGIOはちょっと頭がアレな感じです。
しかしこれが楽しいのだからしょうがない(反復法)。

あ、魔法少女の代名詞といえば、最近(?)は『魔法少女リリカルなのは』になって、『魔法少女まどか★マギカ』はそれに勝てるかどうかという話になるだろうけど、それはたぶん無理。売り上げでいうならたぶん抜きで無理。
だけど純粋に面白さで言ったら圧勝すると思う。少なくともGIOの中では。

以上です。
次はGIOが『STAR DRIVER』の何に面白さを感じているのか、という記事でも書きますかね。
最近はなんだか、アニメを見ていて楽しい気分になります(再度反復法)。
久しぶり・・・なのか、初めてなのか、記憶がはっきりしませんが、とにかく楽しいことだけは揺るがないので、満足するまで楽しむつもりです。

では。
スポンサーサイト

comment

Secret

気になった言葉・気に入った言葉

プロフィール
GIO

管理人:GIO
内省的に生きることが目標。
ジョジョのことだったらなんでも。
詳しくはプロフィール参照。

-趣味-
PC・ネット
読書(漫画含む)
音楽鑑賞
画像収集&整理
アニメ鑑賞

-二言三言-
生きていますが死んでいるようなものです。多少なりともネタはあるのでいつか更新します。

累計訪問者数
カテゴリ
ついーと
月別アーカイブ
ブログ内検索
ツール紹介系相互リンク
その他リンク
最新コメント
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

情報提供、相互リンクのお誘い、このブログについての意見など、気軽にメールしてください。
加えて、お薦めの漫画・アニメ・小説・音楽などの情報も収集中です。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。