スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『魔法少女まどか★マギカ』 第03話 感想

第03話「もう何も怖くない」の感想です。
ネタバレ注意。
では【続き】で。

すごかった。
この一言に尽きる。

黄色黒幕説だとかなんとか言ってる場合じゃない。
それをあっさり裏切って、しかもファンシーな魔女に喰われて、死んで。

まぁそこは比較的どうでもいい。導入部分を担う役割だということは分かってたことだし。ただたんに、なにかあるとは思っていたけど死ぬのは予想外だった、という程度のこと。
例えるならファイアーエンブレムで「今回、初期メンバーのパラディンはイベントで死ぬよ」「へー、それは少し意外だ」って感じ。比較的どうでもいい。

あ、でも、戦闘シーンは良かった。巷ではゲートオブナンタラだとかアンリミテッドナンタラだとかフローレンシアのナンタラだとか言われてるだろうけど、アレは確かに燃える。
しかもシャフトとは思えないほどしっかり動いてるし。
そうだ、シャフトもグッジョブ。今まで示してきた良さ(オサレアニメ)を活かしつつ、その良さに意味を持たせて、しかも今までやってこなかったことをやってる。今後もその調子で頼む。

唯一惜しむらくは、もうあの戦闘シーンが見られないことくらい。
ろうそくの火は消える直前に輝く、と納得しておきます。

で、閑話休題。
黄色が死んで、そこからほむら登場、魔女との戦闘、戦闘終了、エンディング・・・、という流れが完璧だった。

まず、魔女が相変わらずすごいデザイン。
前回は切り絵で作った花みたいなやつ(個人的には『劇場版 空の境界』第六章にでてきた妖精のイメージ)だったけど、今回はアメリカのアニメーション風味。
言葉で表すなら、ファンシーが一番しっくり来る。

次に戦闘だけど、魔女がファンシーなら魔法少女もファンシー。
武器すら出さずに、喰われる → 上から落ちてくる → 喰われる → 上から落ちてくる の繰り返し。
上から落ちてくるってなんなんだよ・・・。現実的に考えてもファンタジー的に考えてもつじつまが合わない。
ファインダーを通して動きを伝えるアニメでなければできない表現だと思う。
新房シャフトのお手柄だね。

で、戦闘終了後にちょっと話をはさんでエンディング。
あの流れにあのBGMに、あのエンディングにあのエンディング曲。もう最高。
ぴたりとハマっていた。
アニメとしては『攻殻機動隊S.A.C.』以来の「素晴らしい」を送ろう。



すごかった。
今後が待ち遠しくて仕方ない。
『血だまりスケッチ』が賞賛の言葉に変わる日も近いのではないだろうか。

まぁ、まだ分からないことではあるが。
とにかく今後に期待。
心配なのは締めだけだ。

というかホント「まどっち」と「ゆのっち」の違いが分からなくなってきた。
油断してると間違える気がする。

スポンサーサイト

comment

Secret

気になった言葉・気に入った言葉

プロフィール
GIO

管理人:GIO
内省的に生きることが目標。
ジョジョのことだったらなんでも。
詳しくはプロフィール参照。

-趣味-
PC・ネット
読書(漫画含む)
音楽鑑賞
画像収集&整理
アニメ鑑賞

-二言三言-
生きていますが死んでいるようなものです。多少なりともネタはあるのでいつか更新します。

累計訪問者数
カテゴリ
ついーと
月別アーカイブ
ブログ内検索
ツール紹介系相互リンク
その他リンク
最新コメント
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

情報提供、相互リンクのお誘い、このブログについての意見など、気軽にメールしてください。
加えて、お薦めの漫画・アニメ・小説・音楽などの情報も収集中です。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。