スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『死』とはなにか -たぶん前編-

GUNSLINGER GIRL - ベアトリーチェ
ベアトリーチェかわいいいよベアトリーチェ。ここでは台詞しか出てきてないけど。
それとリコ、エンリカも可愛い。あとトリエラとペトルーシュカも忘れちゃいけない。『GUNSLINGER GIRL』はこういった意味でも良い漫画だ。
今思いついたんだけど、相田裕はベルナルドさんとベアトリーチェの短編を描いてくれないかな。この二人は他のフラテッロに負けないくらいのいいコンビだと思うのに、登場回数が少なすぎるから。

さて、本題は「『死』とはなにか」ですね。
二回に分けて、語り得るところまで語ります。

では【続き】へどうぞ。

人間が人間であるための条件は単純に『考えている自分が存在すること』です。
そして、それから考えると『死』とは『考えている自分が存在する』という命題が偽になった状態のことだと定義できます。
ということで、まずはこの記事で、人間が人間であるための条件がなぜ『考えている自分が存在すること』なのかということを説明しましょう。

ではまず、この言葉を覚えてください。
「我思う、故に我在り」。
デカルトさんの言葉です。
原典では「コギト‐エルゴ‐スム」なんて呼んでいたみたいですが、私は哲学をちゃんとやったわけではないのでよくは知りません(つまり、哲学をちゃんとやっている人とは解釈の仕方が違うかもしれないということ)。
それを踏まえた上で簡単に説明すると、「他のどのような物事は全て疑いえても、考えている自分自身の存在は疑いえない」というものです。
理解できる人にはこの説明で理解できると思うのですが、どうでしょうか。実際、私は言葉を知っているだけでそこに至るまでの理論についてはノータッチですが、一応の理解はしているつもりです。
でないとこうして引用できないですし。

ここまでの話――といっても大して話しているわけではないですね――が理解できる人ならすぐに解ると思いますが、次に「エゴとアガペの違いについて」というパスを通して「人間はエゴである」という説明をします。

この流れでエゴとアガペの両者を説明するとすれば、それぞれ

・エゴ
 「我思う、故に我在り」を含んでいる存在のこと

・アガペ
 「我思う、故に我在り」を含んでいない存在のこと

となります。
では人間はどちらなのかというと、考えるまでもなくエゴです。なにせ、今これを書いている私は考えて書いているわけですし、今これを読んでいるあなたも考えながら読んでいるのですから。
しかし、念のため文章で表しておきましょうか。
考えることができる = 「我思う、故に我在り」を含んでいる、という式が成立するので、人間はエゴです。

 コラム1
アガペというのはキリスト教でよく言われている「神の愛」のことで、理解した人にとっては物凄く応用が利く概念なので、(キリスト教はクソですが)よく使います。
ちなみに私は、キリスト教はともかく、キリストは神と言ってもいいと思っています。
まぁ神なんていないのですけれど。とりあえず「人間とは思えないすごいなにか」という意味での「神」です。一つの言葉に色々な、しかも似たような概念を含ませている日本語は難しい。
それとはまた別の例ですが、「愛」なんて言葉はものすごいめちゃくちゃですよ。今この記事で対照的なものとして説明した「エゴ」と「アガペ」の両方を含んでいますから。いくら日本といえど、これは異文化入り乱れがすぎるかな、といった感じです。

つまり、エゴである存在(人間)の本質は「我思う、故に我在り」なのです。
エゴである存在のこれ以外の全ては、「それは本当にその存在と切り離せないものだと言えるのか?」と疑えるので、本質とは(少なくとも今は)言えません。全てオマケです。

 コラム2
そいうえば「人間は考える葦である」なんて言葉もありますね。「人間は弱いけど、考えることができるから偉大だ」みたいな意味らしいですが。
その意見には、特に後半について賛成ですが、この記事とはあまり関係がないので今は置いておくことにします。
ちなみに、『ジョジョ』はそんな感じのことを描いてるから好きです。いわゆる「人間賛歌」。第一部をバカにするヤツはもったいないことをしていると思う。

そして、この「人間はエゴである」と「エゴの本質は『考える』こと」を知った上で再度人間が人間であるための条件は何かを考えてみると、すでに書いたとおり、それは『考えている自分が存在すること』に帰結します。
以上結論。

さて、人間が人間であるための条件がなぜ『考えている自分が存在すること』なのか、という説明はこれで終わりです。
次回は後編、では『死』とはなんなのか、一般の感覚で言う『死ぬ』とここで説明している(真実の意味での)『死』にはどんな違いがあるのか、などについて書きます。
次回で終われるといいなぁ。
もしかすると -後編- じゃなくて -中編- なんてことになるかもしれない。
スポンサーサイト

comment

Secret

気になった言葉・気に入った言葉

プロフィール
GIO

管理人:GIO
内省的に生きることが目標。
ジョジョのことだったらなんでも。
詳しくはプロフィール参照。

-趣味-
PC・ネット
読書(漫画含む)
音楽鑑賞
画像収集&整理
アニメ鑑賞

-二言三言-
生きていますが死んでいるようなものです。多少なりともネタはあるのでいつか更新します。

累計訪問者数
カテゴリ
ついーと
月別アーカイブ
ブログ内検索
ツール紹介系相互リンク
その他リンク
最新コメント
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

情報提供、相互リンクのお誘い、このブログについての意見など、気軽にメールしてください。
加えて、お薦めの漫画・アニメ・小説・音楽などの情報も収集中です。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。