スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「男のプライド」があるわけ

割とよく聞きますよね「男のプライド」。
説明も要らないくらいでしょう。
なにせ社会的な価値観の一種として、ある程度の市民権は得ていますから。

この記事は前に書いた記事、「母は強し」と言われるわけの続きになります。
読まずともなんとなくは分かるような内容にするつもりですが、そちらを読んできた方が理解が進むと思います。短い記事なので、まずはそちらを読んでみてください。

では【続き】へ。

前回で、男というものは不自然な存在だ、ということは説明しました。
女の欲求と義務が同じものであるのに対し、男の欲求と義務は違うところにあるから、ということでした。
それを前提に論理を展開していきます。

まずは動物で考えましょう。男と女ではなくオスとメスです。

どの動物であれ、メスの役割というものはほぼ同じです。
つまり、孕む、産む、育てる。基本的にこの三つです。

対して、オスの役割というものはまさに千差万別であり、孕ませるという義務以外は、
・なにもしない
・種付け後、上手く逃げられなければメスに食べられる
・オス同士でグループを作り、縄張り争いをする
・群れの形成
・メスのために巣を作る
のように、どの種によるかで役割が変わってきます。

極めつけはこれ。
・メスと同化、オスであったものはほぼ消失

ちなみに、大まかにしか覚えていませんが、上から蜂、蜘蛛、ライオン、猿、鳥、チョウチンアンコウです。

このように、オスの役割は種によって変わります。
メスはどの種でも似通っているが、オスは種によって違う。
つまり、その種特有のなにかというものはオスによって決まります。


では、ここからは話を人間に戻しましょう。
「その種特有のなにか」とは、人間で言えば、以前書いたとおり「外部デバイス」のことになります。
つまり、社会を構成することです。 (参照:『外部デバイスに頼る人類』について)

そして、
・その種特有のなにかはオスが決定する
・その種特有のなにかは人間で言えば社会を構築することである
という二つのことを統合すると、こういったことが言えます。
すなわち、「社会とは男のものである」と。


さて、この記事で私が言いたかったことは言いました。社会とは男のものなのです。
そんなわけで、あとはオマケみたいなものですが、記事のタイトルに使ってしまったので「男のプライド」について書きます。


初めに言ってしまえば、「男のプライド」というものは、やりたくもない仕事を無理矢理やらされながらも、何かやりがいを見いだそうとした結果として発生した価値観です。

本来、その種が生きるためだけならば、オスなんかはそんなにいなくてもいいのです。ただ孕ませられるくらいの数がいればそれでOK。それ以外にいる必要性はありませんし、それ以外の何かをオスがしなければならないということもありません。
しかし、オスがなにもしなければ種と種の競争に勝てません。オスには「その種特有のなにか」を作ってもらわなければ、その種は生き延びられないのです。
というわけで、オスはその種特有のなにかをやっているということになります。

で、男もまた、その種特有のなにかをしなければならないのですが、もともと生物としての欲求に含まれていない行動なので、当然やる気もなにもあったものではないです。
そこで考え出されたのが「男のプライド」という、暇つぶし兼遊び兼仕事みたいなもの。「どうせ社会作るならさ、おれらにとってもっと楽しいものにしねー?」ということを考えた末の、この選択だったわけです。

まぁ、だいたいこんな感じです。「男のロマン」なんかもほとんど同じ。
だからこそ女から見て、なんやかんや文句があったり、不自然だったりするわけなのです。
やらなければならないことしかやらない女と、やりたくないことをやらなければならない男の間にあるギャップってやつです。なにか言いたいのであればここらへんの構造を理解してから言ってください。

あ、ちなみに次は「男女差別の構造」について書きます(といってもこの記事の続きは、という意味であり、次週の考察記事がそれなわけではありません)。
お楽しみに。

では。
スポンサーサイト

comment

Secret

気になった言葉・気に入った言葉

プロフィール
GIO

管理人:GIO
内省的に生きることが目標。
ジョジョのことだったらなんでも。
詳しくはプロフィール参照。

-趣味-
PC・ネット
読書(漫画含む)
音楽鑑賞
画像収集&整理
アニメ鑑賞

-二言三言-
生きていますが死んでいるようなものです。多少なりともネタはあるのでいつか更新します。

累計訪問者数
カテゴリ
ついーと
月別アーカイブ
ブログ内検索
ツール紹介系相互リンク
その他リンク
最新コメント
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

情報提供、相互リンクのお誘い、このブログについての意見など、気軽にメールしてください。
加えて、お薦めの漫画・アニメ・小説・音楽などの情報も収集中です。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。