スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リルケという詩人の「若き詩人への手紙」によせて

リルケというオーストリアの詩人を知っていますか?GIOはよく知りません。
けれどもその人の詩(?)を読んで感心したのでここで紹介します。

では【続き】へ。

まずはこれをどうぞ。

リルケの「若き詩人への手紙」

「あなたはご自分の詩がいいかどうかをお尋ねになる。
あなたは私にお尋ねになる。前にはほかの人にお尋ねになった。
あなたは雑誌に詩をお送りになる。ほかの詩と比べてごらんになる、
そしてどこかの編集部があなたの御試作を返してきたからといって、自信をぐらつかせられる。
では(私に忠言をお許し下さったわけですから)私がお願いしましょう、
そんなことは一切おやめなさい。あなたは外へ眼を向けていらっしゃる。
だが何よりも今、あなたのなさってはいけないことがそれなのです。
誰もあなたに助言したり手助けしたりすることはできません、誰も。
ただ一つの手段があるきりです。自らの内へおはいりなさい。
あなたが書かずにいられない根拠を深く探って下さい。
それがあなたのココロの最も深い所に根を張っているかどうかをしらべてごらんなさい。
もしあなたが書くことを止められたら、死ななければならないかどうか、自分自身に告白して下さい。
何よりもまず、あなたの夜の最もしずかな時刻に、自分自身に尋ねてご覧なさい、私は書かなければならないかと。
深い答えを求めて自己の内へ内へと掘り下げてごらんなさい。そしてもしこの答えが肯定的であるならば、
もしあなたが力強い単純な一語、「私は書かなければならぬ」をもって、あの真剣な問いに答えることができるならば
そのときはあなたの生涯をこの必然に従って打ちたててください」

この詩が言いたいことはどなたにもすぐに分かることかと思います。
ですので解説などはせず、以下より私の解釈を書かせてもらいます。
ちなみに、この詩全体ではなく、この詩の中でかなり局所的な部分に対する解釈です。



「書かなければならぬ」という言葉は、もっと一般的なものに直すと「やらねばならぬ」となる。
すると「詩」は行動もしくは成果と置き換えられ、「編集部」は周囲の人間もしくは社会とでも言ったようなものに置き換えられる。
それを承知した上でもう一度読み返してみてほしい。これが決して詩人にのみ宛てられたものではないということがはっきりと解るはずだ。

少し考えてみれば分かるはずだが、何もしないよりも、暇つぶしをするよりも、悩んでいるよりも、「やらねばならぬ」ことをやっている方が圧倒的に楽だ。人は何かをしないと生きていけないし、何かをやるにしてもやるべきことをいちいち考えるなどという労力を浪費しなくていいのだから。

しかし私は更にこう言いたい。
「やらねばならぬ」には二つあり、その一つである、やらされた上で「やらねばならぬ」というものは確かに楽だが、もう一方の、自らの内から出てきた「やらねばならぬ」は、楽な上にかなり面白いぞ、と。「やらずにいられない根拠を深く探る」ために労力を費やすことを浪費とは感じないはずだ、と。
しかもそれはたいていの場合他人に賞賛されうるものである。



というわけで、皆様方には、
・自らの内へ入り
・やらずにいられない根拠を深く探り
・「私はやらなければならぬ」という答えを引き出せるようなものを見つけ
・生涯をこの必然に従って打ちたてる
というこの4ステップを実践してもらいたいです。それが人間というものの正しい生き方です。

ちなみに私自身の「やらなければならぬ」事はといいますと、単純に「考えること」です。
普段の生活で何も考えていないことはまれであるし、常に何かを考え続け、よく考えられるだけの知識を得ようとし続けているし、今思えばこのブログを始めたきっかけも考えたいからだった気がします。この考察記事なんかはその傾向が顕著で、自分が(良質な何かを)考えたいが為に書いているだけですしね。
実際に効果もありました。一度言葉にして表わさないと気付かないことは結構あります。
今後、もっと実際的な、もしくは行動で表わされるような「やらねばならぬ」ことが出てくるとは思いますが、まぁ今のところはこの「考えること」だけですね。

まあ私の話は横に置いておいて、とにかく、自分の人生を楽しんでください。
面白いということを追求してください。
それは自然と良い方向へ向いていきます。
すると周りも面白さに気付いてくるはずです。
面白可笑しく生きましょう。

では。
スポンサーサイト

comment

Secret

気になった言葉・気に入った言葉

プロフィール
GIO

管理人:GIO
内省的に生きることが目標。
ジョジョのことだったらなんでも。
詳しくはプロフィール参照。

-趣味-
PC・ネット
読書(漫画含む)
音楽鑑賞
画像収集&整理
アニメ鑑賞

-二言三言-
生きていますが死んでいるようなものです。多少なりともネタはあるのでいつか更新します。

累計訪問者数
カテゴリ
ついーと
月別アーカイブ
ブログ内検索
ツール紹介系相互リンク
その他リンク
最新コメント
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

情報提供、相互リンクのお誘い、このブログについての意見など、気軽にメールしてください。
加えて、お薦めの漫画・アニメ・小説・音楽などの情報も収集中です。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。