スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「頭が良い」と言われる人間になるには(と言われる人間を育てるには)

はい、どうもコンニチハ。クラスで成績ドンケツのGIOです。
この記事では「頭が良い」人間になるためのステップをまとめてあります。
「考察」カテゴリにふさわしく相変わらず信憑性は零ですが、「それは経験から導き出された貴方の言葉?」という少佐の言葉には自信を持って「Yes.」と答えられるので信頼してください。

では【続き】へ。

5つのステップに分けて書いてあります。
簡潔に書いてあるのでGIOの意図が伝わらないかも知れませんが、そのときはコメントなりメールなりで質問してください。
例を挙げて説明します。

ステップ1 知識を取り込む(教わるよりは学ぶ方が好ましい)
 知識:こうすればこうなる、といったこと。数学で言うなら公理。
 死なない程度に、そしてなるべく早めに、できるだけ多くの知識を取り込むことが理想
 今後のステップにおいても同様だが、身体と頭を同時に動かすことが一番良い

ステップ2 ある程度になったら知恵も取り込む
 知恵:こういったときはこうすればよい、といったこと。数学で言うなら定理や公式。
 知恵を取り込むようになってすこししたら自我が芽生え始めるように調整すると良い感じかも

ステップ3 知恵と知識を動員し考えるようにする
 知恵と知識の間にどのような原理が働いているのかを考える
 知恵と知識のその先を考える
 知恵と知識は正しいのか考える
 どれだけ早くても十代の後半までこのステップで止まることになる
 無理して次に進もうとしてもいいことはない
 むしろこのステップから抜け出せない人間がかなり多い
 その原因となりうるのは知識の不足、知恵の不足、考えないことの三つ
 残念なことに三拍子そろっている方が大勢見かけられる
 そう言う自分もどれほどのものか分からないが

ステップ4 考え方を取り込む
 考え方:1~3において自らが確立したもの
 考え方を確立した他人の考え方を取り込んで自己の拡大と他人との融合を図る
 結論を言うと「頭の良さ」とは認識世界の広さ、考え方の質、記憶力(容量と持続性、復元性)、処理速度による

ステップ5 それら全ての継続・継承
 これ以上の成長は見込めないという所まで続け、得た知識・知恵・考え方を後代に継ぐ

以上です。

ちなみに、「脳みそのことばかり言いやがって」と思っている人もいるかと思いますが、体を動かすときに脳を使わない人はいません。たとえ無意識であろうと脳は必ず使います。
「運動神経が良い」というのはすなわち「物理計算(例えばボールについての計算であったり自身の体についての計算であったり)において「頭が良い」」に他なりません。ですから、ひたすら運動に打ち込むことも「頭を良」くする一つの方法であるわけです。
純粋な身体能力というのは別の話ですがね。

では。
スポンサーサイト

comment

Secret

気になった言葉・気に入った言葉

プロフィール
GIO

管理人:GIO
内省的に生きることが目標。
ジョジョのことだったらなんでも。
詳しくはプロフィール参照。

-趣味-
PC・ネット
読書(漫画含む)
音楽鑑賞
画像収集&整理
アニメ鑑賞

-二言三言-
生きていますが死んでいるようなものです。多少なりともネタはあるのでいつか更新します。

累計訪問者数
カテゴリ
ついーと
月別アーカイブ
ブログ内検索
ツール紹介系相互リンク
その他リンク
最新コメント
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

情報提供、相互リンクのお誘い、このブログについての意見など、気軽にメールしてください。
加えて、お薦めの漫画・アニメ・小説・音楽などの情報も収集中です。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。