スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おすすめの全1巻の漫画

タイトルには「おすすめの」なんて書いてありますが、ただ単にGIOが好きな漫画に解説なり感想なりを付けて列挙していくだけです。
ちなみに「全1巻の漫画」ってのも嘘で短編集も紹介します。
というわけでどこにも真実を書いていないタイトルな訳ですが、どうぞ詐欺とはいわないでください。

では【続き】へどうぞ。

・ネムルバカ
 石黒正数の作品。
 大学生という中途半端な立場に悩む大学生達の日常を描いたもの。
 しかしそこは石黒正数、あまり深刻な雰囲気になることはなく軽い気持ちでも読める。
 とはいえなかなかいい話に仕上がっている。

・響子と父さん
 石黒正数の作品。
 父と娘を中心に鯨井家のいろいろを描いたもの。
 上で紹介した『ネムルバカ』とは姉妹作(?)であり、併せて読みたい漫画。
 ちなみにこれが面白かったということがこの記事を書くきっかけになった。

・present for me,探偵奇譚
 石黒正数の短編集二冊。
 まだ形が定まっていない頃の作品が多い。
 しかし良い話、面白い話もあるので、石黒正数ファンには是非読んで欲しい。

・ぴよぴよ
 水上悟志の短編集。
 表題の『ぴよぴよ』が結構面白く、同時に良い話。という以外は何とも言えない仕上がりになっている。
 なんというか全体的に青臭い。でもそこが水上悟志の良いところ。
 いつかは成熟した感じの漫画も描くようになるのかな?

・夕日ロマンス
 カトウハルアキの作品。
 姉と弟、そして妹のラブコメ。
 バカキャラが可愛くて可愛くてどうしようもない。紅夕暮さんサイコー。
 全一巻の漫画でこれ以上に好きになる作品は今後もないだろう。ってくらい好き。

・孤独のグルメ
 谷口ジローの作品。
 一部で有名。その一部ではこの漫画のコラ画像も有名。
 原作者が実際に感じたことを話にしているのでやけにリアリティがある。
 これを読んで気に入ったのなら同じ原作者と作画の組み合わせの『散歩もの』もおすすめ。

・空からこぼれた物語
 大石まさるの短編集。
 (確か)今も『ヤングキングアワーズ』で不定期連載中の『水惑星年代記シリーズ』の前身(たぶん)。
 心が優しくなる話が多い。
 GIOが好きなのは『さくらのうみ』『DIARY』『OVER PILOT』『みやなのどんぐ』etc... まぁ全体的に好きです。

・死刑執行中脱獄進行中
 荒木飛呂彦の短編集。ジョジョ関連の短編も二つ載っている。
 荒木飛呂彦の漫画はとにかく勢いがすごいが、これは短編ということもあり、勢いが半端じゃ無い。
 話に引き込まれて一気に最高速になりバンッと投げ出されるような感じ。
 「ジョジョ読もうか悩んでるけど長いからなぁ」と思ってる人はまずこれを読んでみるのもいい。

・変人偏屈列伝
 荒木飛呂彦と鬼窪浩久の合作。
 ①人々に「希望」と「安心」を与えた ②ある行為を一緒やり続けた ③「敵」に「勝利」している という三つの基準をクリアした、実在した人々を短編で描いている。
 「なぜこれを描いたのか」という問いに対する回答の一部として、荒木飛呂彦の前書きには「変人偏屈の人々の人生には、偉人伝と何ら変わることのない『人間賛歌』が存在するのだ」と書かれている。
 荒木純正の漫画に勝るとも劣らないくらいの漫画。

・ももんち
 冬目景の作品。
 天然でボケ~っとした、美大志望の予備校生の女の子が主人公。
 冬目景にしては珍しく、暗い感情が全く描写されていない。いや、主人公はちょっと悩んでたりしたか・・・?
 とにかく、絵も物語も結構良い漫画。

・シャーリー
 森薫の作品。『エマ』連載時に森薫個人が同人誌として出したものを商業の単行本にまとめたもの、らしい。
 近世(?)くらいのイギリスの、メイドの話。表題の『シャーリー』以外にも二編の漫画が収録されている。
 どれも「メイド」と「主人」の関係を描いている。
 ちなみに、森薫の作品の内、『シャーリー』と『乙嫁語り』は大好きだけど『エマ』はまだ読む気にならない。そして『シャーリー』収録作品の内、『シャーリー』と『メアリ・バンクス』は好きだけど『僕とネリーとある日の午後』は好きじゃない。

・ヘウレーカ
 岩明均の作品。少し厚い。
 紀元前200年くらいの地中海、シチリア島、シラクサ市の話。アルキメデスやマルケルスなんかも出てくる。
 もうね、名作の一言に尽きる。歴史物って、どうしても史実に縛られるんだけど、岩明均はその制約のなかでもすごく良い作品を描く。漫画家で天才っていったらやっぱこの人だわ。
 GIOの持論として「作品の良さはリリックとレトリックから成り立つ」ってのがあるんだけど(リリック:叙情的な、リリカル、といった意味。ここではその作品がどれだけ読者の心を動かすか、という意味。)(レトリック:修辞、巧言、といった意味。ここではその作品がどれだけ巧みなストーリーや構成になっているか、といったような意味。)、これはそのどちらもかなり高レベルでまとまっている。しかも全1巻で。
 とにかく名作中の名作だと思うので一度読んでみるといい。そして岩明均の別の作品も読むといい。



はい、以上です。
簡単にまとめるだけのつもりが結構書いてしまいました。テスト期間とはかくも恐ろしいものなのですね(現在GIOはテスト中)。

GIOが好きな漫画を読んでもらおうと書いてみたのですが、如何でしょうか。なにか、どれか、琴線に触れたものはありましたか?
あったのなら是非買って読んでみてください。
きっと楽しめると思います。

では。
スポンサーサイト

comment

Secret

調子に乗って、るい智FVを買ってしまった(・_・:

こんばんは
マンガですかぁ。そういえば、最近めっきり読んでないです。小説、ラノベ、ゲームを積んでいるんで、早く崩さなければ。・・・・・・その前に古本屋に行く癖を直すべきでしょうか? (笑)

気になった言葉・気に入った言葉

プロフィール
GIO

管理人:GIO
内省的に生きることが目標。
ジョジョのことだったらなんでも。
詳しくはプロフィール参照。

-趣味-
PC・ネット
読書(漫画含む)
音楽鑑賞
画像収集&整理
アニメ鑑賞

-二言三言-
生きていますが死んでいるようなものです。多少なりともネタはあるのでいつか更新します。

累計訪問者数
カテゴリ
ついーと
月別アーカイブ
ブログ内検索
ツール紹介系相互リンク
その他リンク
最新コメント
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

情報提供、相互リンクのお誘い、このブログについての意見など、気軽にメールしてください。
加えて、お薦めの漫画・アニメ・小説・音楽などの情報も収集中です。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。