スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『Opera』 がver10.51に。全体的に使いやすくなった。

opera
一番目に付く変わったところは、やはりインターフェイスですね。全体的にスリムになりました。
opera 10.51 windows native
それで何が変わったかというと、作業スペースが増えました。具体的には左にある『パネル』の幅が狭くなり、『メニューバー』がデフォルトで隠された状態になり(左下にあるボタンがその代わりを担っている。これはなかなか便利だと思う)、ウェブページを見られる部分が増えました。
しかしこれはスキンによって違うと思うので『Windows Native』に限っていえば、の話ということで。
というか今気づきましたが、『Opera Standard』にすると、メニューバーところかタイトルバーすら消えますね。半端ない、さすがOpera半端ない。
タイトルバーか作業スペースか、好みで選べ、というわけか・・・。

あと、更新ごとに書いている気もしますが、動作が軽快に、そして読み込みが早くなった。10.01(だったかな?)では右クリックをすると、処理の追いつかない時は右クリックがスルーされることもあったのですが、10.51では今のところありません。
しかし、スクロールについては少し文句がありますね。スクロールの量が減ったし、スクロールしている時は画面が目に悪いような感じになります。文字が霞んだ上にぶれるながら動く感じ。そこを戻すか直すかしてもらえれば文句はないです。

あとは『かざぐるマウス』が『Opera 10.51』に対応するのを待つだけですね。今はOpera自身のマウスジェスチャーを使っているのですが、かざぐるマウスに比べて設定が面倒で面倒で。

Opera10.51はこんな感じの使い心地でした。不便な点もいくつかありましたが、まぁとにかくOpera万歳。ブラウザのスレが立つと大抵>>2に「Opera最強伝説」と書き込まれるOpera万歳。ポテンシャル高いのにあまり人気のでないOpera万歳。
GIOもJavaScriptを使えないけど、使える人がOperaとFireFoxを比較すると、おそらくFireFoxの良いところありませんからね。Operaはほとんど重くならないし。やっぱりJavaScript勉強しようかな、といつも思うけど結局してないです。
そういえばこの前パソコンをリカバリした時に、ものは試し、体験しないヤツに理屈をこねる資格なしとFireFoxを入れてみたのですが、使い方がよく分からずに挑戦が終わりました。このとき悟りました。「ブラウザは機能やデザインはもちろん重要だが、それ以前に操作に慣れているもの、初めて使ったものの存在が大きく影を落とすものだ」と。たぶん、よほどのことがない限りもうFireFoxは使おうとも思いませんね。

最後に脱線してしまいましたが、とにかくOpera万歳、ということで。
スポンサーサイト

comment

Secret

気になった言葉・気に入った言葉

プロフィール
GIO

管理人:GIO
内省的に生きることが目標。
ジョジョのことだったらなんでも。
詳しくはプロフィール参照。

-趣味-
PC・ネット
読書(漫画含む)
音楽鑑賞
画像収集&整理
アニメ鑑賞

-二言三言-
生きていますが死んでいるようなものです。多少なりともネタはあるのでいつか更新します。

累計訪問者数
カテゴリ
ついーと
月別アーカイブ
ブログ内検索
ツール紹介系相互リンク
その他リンク
最新コメント
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

情報提供、相互リンクのお誘い、このブログについての意見など、気軽にメールしてください。
加えて、お薦めの漫画・アニメ・小説・音楽などの情報も収集中です。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。