スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雑記

どうもこんにちは、GIOです。
なんだか寒い日がまた増えたような気がする今日この頃。
アクセスの数も100を切る日が増えてきました。何でだろう。

嘆いていても始まらないので、雑記でも書いて気を紛らわせようと思います。
では【続き】から。

最近見た/読んだものの感想を少し。
・とらドラ!
・うしおととら
・グラスホッパー
 重力ピエロ



・とらドラ!
とらドラ!
勧められたので見てみた作品。
なかなか良かった。
最後の方はかなり良い流れだったと思う。

だがもう二度とみねー。



・うしおととら
『からくりサーカス』を前に読んだときにも思ったけど、この人の作品は終盤がもの凄い神懸ってる。
展開が熱くて燃えるし、感動する。
「お奨めの漫画を教えてくれ」みたいなスレでよく書き込まれているけど、確かにそれだけの良さがある。

それに、一つ一つのエピソードが深い。
一番印象に残ったのは18~19巻の『愚か者は宴に集う』。
そのエピソードの中で問われていた「満足する死とは、なんだ?」という問い。
『うしおととら』を読んでいる間中、自分でも考えていたが、結局答えは出なかった。
しかし作中では、シンプルな答えが出ていて、納得できたし、凄くすっきりした。
何気に、主人公が関わっていないエピソードということも良い。

今、もう一回『からくりサーカス』と一緒に読み直そうかと思っています。



 伊坂作品
・グラスホッパー
マンガの方の『魔王』でキーワードの一つになっている『グラスホッパー』。
蝉とか鯨とか槿さんとか、殺し屋っぽい職業の方々がいっぱい出てきました。
なかなか面白かったです。

ただ、内容的にはあまり良いものではなかったと思います。
教訓のようなものは『素人は首を突っ込むな』くらいしか読み取れなかったし…。
これはあれだな、蝉の良い感じの馬鹿っぷり(初対面の鈴木に対して「助けに来たぜ。感動したか?」とか)と、鯨のシリアスさと、槿さんのミステリアスさを楽しむ小説だ。
うん。きっとそうだ。

ただ、蝉はただの馬鹿ではないと思う。
しじみについての考察は感心するところがあったし。


・重力ピエロ
兄弟もの。
魔王もそうだったけど、伊坂さんは兄弟ものが好きなのでしょうか。
まあどちらかと言えば『重力ピエロ』は家族がテーマなのだろうけど。
そういえば、今マンガの方の魔王は潤也が凄いことになっているらしいね。
要約すると『金は、力だよ。』みたいな展開だとか。

春が、上から落ちてきた。
私がこう言うと、たいていの人は~
しかし、春は私の弟の名前なのだ。


という感じだった冒頭から最後まで、ずっと本の中に引き込まれたままでした。
それくらいの良さだった。

しかし、恐らく一番重要な言葉「お前達は、俺に似たな」をなんの感想もなく、あっさりとスルーして読み終えてしまったというていたらく(台詞はうろ覚え)。
後から「あ、これってかなり重要な台詞じゃん」と気づきました。
その時の私は、春が義理の弟だということを忘れていたのです。
さんざん遺伝子だとか血のつながりだとか書いてある文を読んだのに…。
純粋な感動を得られなかったことが悔やまれます。

次は『死神の精度』でも読もうかと思っています。



・化物語
戦場ヶ原、蕩れ。 と言っておく。
というか、wikiの登場人物紹介がカオスw
特に神原駿河あたりが読んでいて面白いかと。

化物語って結構注目されてるんですね。
下のリンクは参考資料。
春アニメにも飽きたし、来期のアニメ語ろうぜ - VIPPERな俺
来期のアニメが楽しみだな~。
スポンサーサイト

comment

Secret

気になった言葉・気に入った言葉

プロフィール
GIO

管理人:GIO
内省的に生きることが目標。
ジョジョのことだったらなんでも。
詳しくはプロフィール参照。

-趣味-
PC・ネット
読書(漫画含む)
音楽鑑賞
画像収集&整理
アニメ鑑賞

-二言三言-
生きていますが死んでいるようなものです。多少なりともネタはあるのでいつか更新します。

累計訪問者数
カテゴリ
ついーと
月別アーカイブ
ブログ内検索
ツール紹介系相互リンク
その他リンク
最新コメント
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

情報提供、相互リンクのお誘い、このブログについての意見など、気軽にメールしてください。
加えて、お薦めの漫画・アニメ・小説・音楽などの情報も収集中です。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。