スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ちょっとツッコミ入れたかったこと

時流に疎い自分であるが、『アナと雪の女王』というディズニー映画が大人気である(だった?)ことを知っている。
また、その主題歌が「レット・イット・ゴー」であり、これも同様に大人気であることも知っている。
(本編は見てないし今後見る予定もない。)

で、よく主題歌の日本語verの歌詞である「ありのままの~」がコピーとして使用されているのを見る。
これなのだが、聞くたびに片手落ちだなぁと思っていた。
なぜなら、主人公たちが成長していく物語の大枠は「抑圧」「解放」の2つのステップを経て「自制」へ到達する形ではないかと考えるからだ。

では【続き】へ。
スポンサーサイト
【続き】を開く

世界は論理的なのか

世界には幽霊やら魂やら論理では説明できないものが存在するとのたまう人もいますし、逆に論理で説明できないことなどないと考える人もいます。
GIOはどちらかといえば後者なのですが、だからといって前者を否定する気にはなりません。
非論理的かどうかはともかくとして、明快な説明はできないし、説明できない割には信じる人が多いですから。
そう信じさせるだけの何かがそこにはあるはずです。

という小話は横に置いておいて、「世界は論理的なのか?」です。
出てくるワードは「世界」「知性」「論理」のみっつ。
これらを使用してこの疑問に答えます。

では【続き】へ。 【続き】を開く

「自分の存在」について

「自分は存在するのかどうか」ということは基礎理論で書いたのですが、理屈を明瞭にまとめなおしたので記事にしておきます。
正直言ってどんなことを書いたのか覚えていませんが、結論は変わってないと思うのでそのまま入れ替えても問題ないと思います。
これがモジュール分割の強みってやつですね。

では【続き】へどうぞ。 【続き】を開く

「自分」について

ふと、「自分」という概念が当てはまるか否かはどう判断すればいいのだろう、といったことを考えて、「じゃあまず自分を定義しないと進まないな」となったので定義してみました。

よくあるテーマで言えば、アンドロイドと人間の境はどこだろう、といったものに応用できると思います。

では【続き】で。 【続き】を開く

知性 - 知性についてIV

今回は伏線回収です。
つまり、今まで書いてきたものはこれにつなげるためのものでしたという、そういうことです。
ここを転換期として考察記事は次の段階へ行きます。はっきりとは決めていませんがそのつもりです。

今回の内容としてはそのものずばり「自分とはなにか」です。
全部で何回になるかはわかりませんが5回構成くらいになりそうです。
しかし1つ1つは短いのでご安心を。

では【続き】へ。 【続き】を開く

知性 - 知性についてIII

今回は伏線回収です。
つまり、今まで書いてきたものはこれにつなげるためのものでしたという、そういうことです。
ここを転換期として考察記事は次の段階へ行きます。はっきりとは決めていませんがそのつもりです。

今回の内容としてはそのものずばり「自分とはなにか」です。
全部で何回になるかはわかりませんが5回構成くらいになりそうです。
しかし1つ1つは短いのでご安心を(今回は長くなってしまいました。2つに分ければよかった)。

では【続き】へ。 【続き】を開く

知性 - 知性についてII

今回は伏線回収です。
つまり、今まで書いてきたものはこれにつなげるためのものでしたという、そういうことです。
ここを転換期として考察記事は次の段階へ行きます。はっきりとは決めていませんがそのつもりです。

今回の内容としてはそのものずばり「自分とはなにか」です。
全部で何回になるかはわかりませんが5回構成くらいになりそうです。
しかし1つ1つは短いのでご安心を。

では【続き】へ。 【続き】を開く

知性 - 知性についてI

今回は伏線回収です。
つまり、今まで書いてきたものはこれにつなげるためのものでしたという、そういうことです。
ここを転換期として考察記事は次の段階へ行きます。はっきりとは決めていませんがそのつもりです。

今回の内容としてはそのものずばり「自分とはなにか」です。
全部で何回になるかはわかりませんが5回構成くらいになりそうです。
しかし1つ1つは短いのでご安心を。

では【続き】へ。 【続き】を開く

論理的 - 論理的ということについてIII

これまで「すべては論理的」だとして話を進めてきましたが、ようやくここで何故なのかという説明を行います。
それが終われば次回が伏線回収回で、話は次の段階へと繋がっていきます。
今回は3回構成です。

では【続き】へ。 【続き】を開く

論理的 - 論理的ということについてII

これまで「すべては論理的」だとして話を進めてきましたが、ようやくここで何故なのかという説明を行います。
それが終われば次回が伏線回収回で、話は次の段階へと繋がっていきます。
今回は3回構成です。

では【続き】へ。 【続き】を開く

論理的 - 論理的ということについてI

これまで「すべては論理的」だとして話を進めてきましたが、ようやくここで何故なのかという説明を行います。
それが終われば次回が伏線回収回で、話は次の段階へと繋がっていきます。
今回は3回構成です。

では【続き】へ。 【続き】を開く

構造 - 「構造についてII」

基礎理論で自分の存在を認めたのに続いて、橋渡しでは世界の存在を認め、定義も行いました。
本筋としてはこれがほとんど全てですが、その次を書くとか他人に理論体系を理解させるとか、それらをやるためには詳細を書いていかなければならず、今後はそういったことを書いていきます。

まずここで説明するのは、自分や世界がどのような構造を成す領域なのか、ということです。
今回は2回構成で書いていきます。

では【続き】で。 【続き】を開く

構造 - 「構造についてI」

基礎理論で自分の存在を認めたのに続いて、橋渡しでは世界の存在を認め、定義も行いました。
本筋としてはこれがほとんど全てですが、その次を書くとか他人に理論体系を理解させるとか、それらをやるためには詳細を書いていかなければならず、今後はそういったことを書いていきます。

まずここで説明するのは、自分や世界がどのような構造を成す領域なのか、ということです。
今回は2回構成で書いていきます。

では【続き】で。 【続き】を開く

橋渡し - 「領域についてIII」

基礎理論を発展・派生させて、日常感覚のレベルまで話を戻す、という意味でタイトルが「橋渡し」となっています。
これも基礎理論と同じく4回構成で書いていくつもりです。

では【続き】で。

2012/02/17追記:5回構成になりそうです。 【続き】を開く

橋渡し - 「領域についてII」

基礎理論を発展・派生させて、日常感覚のレベルまで話を戻す、という意味でタイトルが「橋渡し」となっています。
これも基礎理論と同じく4回構成で書いていくつもりです。

では【続き】で。

2012/02/17追記:5回構成になりそうです。 【続き】を開く

橋渡し - 「領域についてI」

基礎理論を発展・派生させて、日常感覚のレベルまで話を戻す、という意味でタイトルが「橋渡し」となっています。
これも基礎理論と同じく4回構成で書いていくつもりです。

では【続き】で。

2012/02/17追記:5回構成になりそうです。 【続き】を開く

橋渡し - 「認識について」

基礎理論を発展・派生させて、日常感覚のレベルまで話を戻す、という意味でタイトルが「橋渡し」となっています。
これも基礎理論と同じく4回構成で書いていくつもりです。

では【続き】で。 【続き】を開く

橋渡し - 「思考についてI」

基礎理論を発展・派生させて、日常感覚のレベルまで話を戻す、という意味でタイトルが「橋渡し」となっています。
これも基礎理論と同じく4回構成で書いていくつもりです。

では【続き】で。 【続き】を開く

基礎理論 修正版

不人気はなはだしいですけど地道に書き続けます。
これがライフワークといっても過言ではないので。

で、これは4回に分けて記事にした「GIOの基礎理論」の修正版です。
4回分がすべて入っていて、あとは基礎理論を読み直してみて直すべきと思ったところは修正しました。
大幅に修正したところもあるので、興味があれば読んでください。

では【続き】で。 【続き】を開く

GIOの基礎理論 - 4. 領域によって規定される存在

数回に分けて、私の考えの基礎部分を書いていきます。
日常的な感覚からは逸脱したものになっていることを了解のうえで読んでください。

では【続き】で。 【続き】を開く

気になった言葉・気に入った言葉

プロフィール
GIO

管理人:GIO
内省的に生きることが目標。
ジョジョのことだったらなんでも。
詳しくはプロフィール参照。

-趣味-
PC・ネット
読書(漫画含む)
音楽鑑賞
画像収集&整理
アニメ鑑賞

-二言三言-
生きていますが死んでいるようなものです。多少なりともネタはあるのでいつか更新します。

累計訪問者数
カテゴリ
ついーと
月別アーカイブ
ブログ内検索
ツール紹介系相互リンク
その他リンク
最新コメント
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

情報提供、相互リンクのお誘い、このブログについての意見など、気軽にメールしてください。
加えて、お薦めの漫画・アニメ・小説・音楽などの情報も収集中です。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。